自己破産すると保証人になってる人はどうなるの?

連帯保証人の存在は自己破産を決断するにあたって最も大きな問題の一つです。

 

自己破産をした場合、破産者本人の借金の支払いの義務はなくなります。ですが破産者の義務がなくなったからといって、そのことが保証人の支払い義務に影響する事はありません。

 

連帯保証人である以上、自己破産後もその借金を返していかなくてはなりません。連帯保証人のことが気になって自己破産を躊躇する方も多いのではないでしょうか?

 

だからと言って今の自転車操業状態を繰り返していったところで借金が増えていくばかりです。その時期が遅いか早いかの違いだけで、最終的には迷惑をかけることになってしまうのは目に見えていますよね。

 

自己破産成立後どのような方法をとるにしろ、保証人の方に何らか迷惑をかけてしまうのは確実です。ですからまず自己破産を決めたら連帯保証人の方に話をすることが大切です。

 

黙っていたのでは人間関係にひびが入るのはもちろん、あなたの人格そのものが疑われてしまっても仕方のない行為だといえます。

 

保証人がいる借り入れという事は大きな金額でしょうから、場合によっては保証人の方にも法的な手続きが必要になってくるかもしれません。

 

また自己破産後なら、他の借金がなくなるのですから保証人が債務者に対して払っている支払い額を保証人の方に毎月きちんと渡すといった方法も考えられます。

 

どのような選択をするにせよ、まずは話をすることがあなたが出来る最大の誠意ではないでしょうか。

 

>>無料借金減額シミュレーター【街角相談所−法律−】