住宅ローンで自己破産?

「自分の持ち家が欲しい」とマイホームを夢見る人も多いのではないでしょうか。

 

実際に何十年とローンを組んでマイホームを購入した方も少なくないですよね。しかし、その反面、住宅ローンで自己破産を考えるケースも増えてきているようです。

 

住宅ローンで自己破産になる理由は、住宅を売却したからといってローンを完済できるわけではないからです。

 

低金利といってもローンの支払額の中には含まれていますので、残高を確認して見ると思ったより減っていない事も多いものです。

 

そして中古住宅になると価格が購入時よりも下がってしまうのは当然ですよね。

 

今の日本の経済状況においては、一昔前のように年々給料が上がっていく事を想定して将来の生活設計をするのは難しくなってきました。

 

住宅購入当時に想像していた以上に、給料が減ってしまったりボーナスがカットされてしまったりすると住宅ローンの支払いも困難になってきますよね。

 

住宅ローンで自己破産を考える方の中には、消費者金融などからローン返済のための借り入れをしているケースも少なくないものです。

 

こうなってしまうと借金がますます増えてしまいますし、次に打つ手立てがなくなってしまいます。

 

住宅ローンを組む時には絶対に無理のない範囲にすることが基本なのですが、もし支払いが困難になってきた時には、借金を増やす前にまず銀行に相談しましょう。

 

借り換えや金利のことも相談に乗ってくれるはずです。

 

また家計を見直すことも大切です。本当に無駄な支出がないか、節約できる事はないかを検討してみましょう。

 

そしてご主人の収入アップが望めないなら奥さんがパートや再就職でバックアップすると言うのも方法の一つですよね。

 

自己破産をする前に出来る事はないかもう一度見つめなおしてみませんか?

 

>>無料借金減額シミュレーター【街角相談所−法律−】