自己破産後にクレジットカードは作れる?

自己破産後、クレジットカードを作ることはできるのでしょうか?

 

答えは、「出来ない」です。

 

自己破産後、7年から10年くらいの間は、金融的な「事故情報」として履歴が信用情報機関に登録されてしまいます。一般的に「ブラックリストに載る」といわれる状況です。

 

貸付やクレジットカードを作る場合は何処の会社であっても信用情報を参考にしますので、この事故情報が消えない間は無理です。

 

クレジットカードが使えないことは自己破産のデメリットでもありますが、メリットでもあります。

 

クレジット払いというのは、確かに持ち合わせの現金が少ないときや、急に物が必要になったときなどには非常に心強い味方であり便利なものです。ですが、利用料金の引き落としが済むまでは借金しているのと同じです。

 

また最近のカードはリボ払いなど便利なサービスも充実しているため、気をつけないとついつい使いすぎてしまう危険性があります。

 

自己破産後7年間はクレジットカードやローンと同じく、その期間中はどれだけ多額の借金を作っても自己破産することはできませんので、注意が必要です。

 

二度と同じ苦しみを味わう事のないように、破産者を守るために制定されているシステムといってもいいのではないでしょうか。

 

クレジットカードがなくて本当に困るといった状況は普通に生活していればそんなにないものです。せっかく借金の苦しみから解放されたのですから、無理のない健全な生活を送れるように生活設計を見直しましょう。

 

>>借金問題なら⇒イストワール法律事務所