自己破産のデメリットについて

自己破産には、実際にどの様なデメリットがあるのでしょうか?

 

まず自己破産のデメリットは、申請した方がマイホームなどの不動産財産がある場合、処分の対象となります。

 

借金の返済義務もなくなる代わりに、自分のプラス部分の財産も0にすることが自己破産だからです。ですが、全ての家財道具を持っていかれるのではないかという心配は要りません。

 

生活に必要なものに関しては総額99万までは保護される仕組みになっています。ほとんどの場合、処分の対象になるのは不動産です。

 

次に官報に名前が記載されます。これは一生に一度も見る機会がない人がほとんどです。

 

ですからこのことによって生活に影響があることはありませんが、むしろ怖いのはヤミ金の存在です。

 

自己破産のデメリットとして、信用情報機関のブラックリストに乗ってしまうため、普通の金融機関(銀行や消費者金融)では借り入れやローンを組む事が7年間くらいは無理でしょう。

 

またクレジットカードを作ることもできません。

 

ここで美味しい話を持ちかけてくるのが前述のヤミ金です。自己破産後、7年間は自己破産申告が出来ませんので、闇金にしてみれば都合のいいお客様となってしまいます。

 

この手にひっかッかってしまったのでは今以上の返済地獄を味わう事になってしまいます。そうならないためにも自己破産後の生活はしっかりと計画性のあるものにしなければなりません。

 

そして自分以外に迷惑がかかるという点において自己破産のデメリットの中でも心配なのが、保証人の問題です。

 

破産を認められた本人は返済義務を免れますが、保証人がいる場合は保証人に返済の責務が回ってしまいます。

 

だからと言って破産せずにいても同じ事の繰り返しになってしまいますので、まずは保証人の方と破産後の支払いについて話し合いましょう。

 

またまれに賃貸契約の住宅の場合、解除されてしまう可能性や職種によっては一定期間就業できないといった事もあるかも知れません。

 

いずれにせよ、デメリットばかりを気にしていては次の一歩を踏み出すことはできません。長い人生をやり直す意味でも、大きな決断が必要なときが時にはあります。

 

>>借金問題なら⇒イストワール法律事務所