官報に自己破産すると掲載されます

自己破産すれば官報に名前が掲載されます。

 

官報は誰でも閲覧することが可能です。
そのため官報によって

 

「自己破産が職場や自分の周りの人間に知られてしまうのではないか?」

 

「子供や家族がいじめられるのではないか?」

 

といった心配をする方もいます。

 

ですが実際に官報を閲覧したことがありますか?
おそらくほとんどいないのではないでしょうか?

 

しかも官報に記載されている自己破産者の数は膨大です。その中から特定の名前を探し出すという作業は想像以上に大変な事です。

 

「官報に名前が掲載された」という事が実生活に大きな影響を及ぼす事はほとんどないといえます。しかし、官報からの自己破産者の情報を利用してお金を儲けようという人達も存在します。

 

いわゆる、ヤミ金です。

 

自己破産後しばらくすると、あまり一般的には知られていないような金融会社からダイレクトメールが届くことが増えるかもしれません。

 

これは自己破産後最低7年は正規の金融会社から借り入れが出来ない、そして再び自己破産をすることも出来ないといったシステムを使って借金でがんじがらめにしてしまい、返済させる事によって儲けようという考えからのものです。

 

このヤミ金の手口にハマってしまうと大変です。

 

今まで以上の返済地獄を味わう事になりかねません。ですので絶対にお金は借りないという決意をしっかりと持つことも、自己破産というチャンスをどう生かせるかの鍵となります。

 

>>借金問題なら⇒アストレックス司法書士事務所