自己破産と家族の関係

自己破産が家族に影響するのでしょうか?

 

借金でどうにもならない状況に追い詰められていても、自己破産を躊躇する理由に家族のことを気にされる方も多いことでしょう。

 

結論として、自己破産したことが家族の日常生活に影響する事はまずないといっていいでしょう。

 

子供の学校や就職先に知られるといったことも心配は要りません。また家族が保証人になっていない場合は支払いの義務も全くありません。

 

ただし、自分で自己破産の手続きする場合、債務者からの取立てがやまないといったケースも考えられます。

 

これは違法行為ですので裁判所に訴えればすぐにやむ事ですが、特にヤミ金業者からの借り入れがある場合は注意が必要です。

 

向こうはどうあってもお金を回収したい訳ですから、本来、本人以外に支払い義務がない債務であったとしても家族や会社に支払い請求をする可能性もあります、

 

また、自分で手続きをする場合は債務者との交渉も自分でしなければなりません。家族の生活を守りたいと思うのならば、自己破産は弁護士におまかせした方が賢明です。

 

ただしマイホームを所有している場合は、自己破産の際の処分の対象となりますので、それに伴う引越しによって子供に与える影響は考えられます。

 

「大切な家族だけには迷惑をかけたくない」それは誰もが思うことです。
ですが借金問題は、時が解決してくれるような問題ではありません。

 

むしろ一人で悩むことが、より状況を悪くする事の方が多いのです。

 

取り返しのつかないことになる前に弁護士や司法書士といった専門家に相談することこそが、家族との新しい生活への一歩であり、家族を守る事にもつながるのではないでしょうか。

 

>>借金問題なら⇒イストワール法律事務所