自己破産にかかる費用はどれくらいですか?

借金に苦しむ方にとっては最後の解決方法とも言える自己破産。

 

そこで気になるのが自己破産にかかる費用ですよね?全ての手続きを自分でした場合で予納金や収入印紙代などの実費として約3万円くらいでしょう。

 

そして弁護士などの専門家に依頼した場合は借り入れの件数にもよりますが、約20万から40万位が平均的な値段のようです。

 

金額面だけで見れば自分でする方が安上がりなので魅力的に感じてしまいます。

 

ですが自分でする場合には、時間と手間それにかなりの心労もかかることを覚悟しておかなければなりません。

 

書類も自分で作成する事になります。この書類の内容によって裁判所に受理されるかどうかが決まってしまいます。法的に何の知識も無い状態で行うのは非常に不利です。

 

また債権者からの取立てが続く場合も全て自分で対応する事になり、特にこれは精神的にも大変なのではないでしょうか。

 

最も安全な方法はやはり弁護士さんにお任せすることだと思います。法律のプロですので、お任せしておけば、確実で安心に自己破産の手続きをしてくれます。

 

また、弁護士に相談すれば自己破産以外の道を選択することも出来るかもしれません。実際に借金苦に悩む方の中には過払いのケースも少なくないものです。

 

このような場合なら自己破産ではなく債務を整理することで随分負担が少なくなりますよね。

 

もし弁護士の費用がないというのであれば、相談すれば分割払いが可能な場合もありますし、弁護士費用の一部を国が補助してくれる「法律扶助制度」を利用してみることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

>>無料借金減額シミュレーター【街角相談所−法律−】